FF14(詩人中心)に投下中
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さていよいよ吟遊詩人そのものの構造に沿った技術講座です。吟遊詩人は操作自体はシンプルですが「どんな技から順番に使っていくか」という判断の分岐とその目まぐるしい状況変化が他のDPSと比較して非常に複雑です。しかも単純に1か2かという分岐ではなく10秒先あるいは15秒先を見越して、その時々で使うアビリティの順番などを変化させながら判断していく事が求められます(これはもっとも上級的な分野の内容ですが...)
ここでは技術・判断で比較的容易な部分を中級編と称して解説していきます。実際の数字を出す上では後述の上級編よりもおさえておく事が重要な部分になるのでおろそかにせずきっちりマスターしていきましょう!



STEP1 アイアンジョーによる2DOTの死守!!
のっけから大仰な書き方で始まった中級編ですが、やはりこれを最初にもって来ずして詩人のDPSは語れません。
親兄弟よりも恋人よりも財産よりも、とにかく何よりも2DOT意地優先! これです
アイアンジョーを切らすことは詩人にとって致命的です。維持できた場面と切れた場面のスキル回し・数字を比較すると
ヘヴィ→(DOT消滅)→ウインドバイト→ベノムバイト→ヘヴィ→...
ヘヴィ→(DOT継続)→アイアンジョー→ヘヴィ→ヘヴィ→...
という違いになり、両者はロスしたDOT分も含めれば威力で200程度の喪失になります。またTPも余分に40失います。当然切れた時間が長くなればなるほどその分ロスは拡大し続けます。
アイアンジョーは詩人において必ず一定時間以内に使わなくてはいけない最優先要素だと覚えてください。定期的にこれを使うという大前提のあとに他の予想が色々と変則的に肉付けされていくのが詩人の攻撃ルーティーンです。ギミックや生死に関わる場合を除きこの優先は絶対です。



STEP2 優先はWS>火力系アビリティ>攻撃アビリティ
WSを滞りなく使い続ける必要性について初級編で書きました。しかしそれは言わば「ウインド・ベノムを最初に入れて、あとはアイアンジョーとストショを更新しそれ以外ひたすらヘヴィ」というだけの単純なルーティーンです。これは殆どの詩人が既に行っているシンプルな戦い方です。
(とはいえこのシンプルな攻撃を間違わずに続けることが一番DPSを上げるために重要です!)
詩人にとって差が出るのは「アビリティ」の使い方でしょう。ここに難しさを感じている人は非常に多いと思います。(僕自身そうです)
アビリティには大別して2種類が存在します。「猛者の撃」「ホークアイ」のような自分の与えるダメージを引き上げてくれる火力系アビリティ=buffと、「ブラッドレッター」「エンピリアルアロー(ここではアビリティに分類します)」のように直接ダメージを与えられる攻撃アビリティの2種類です。
中級編のここではひとまず「バフと攻撃アビリティならbuffを優先して使う」と覚えてください。多くの場合でこれは正解となり、これが不正解の場合でもDPSのロスはそこまで大きくはなりません。
「ブラッドレッター」と「猛者の撃」が同時にリキャスト回復したら・・・ 「猛者の撃」→「ブラッドレッター」
「ホークアイ」と「フレイミングアロー」が同時にリキャスト回復したら・・・ 「ホークアイ」→「フレイミングアロー」
でokです。高度な例外的判断においては上級編でも触れていきます。



STEP3 buffのシナジーを考えた30秒ルールの徹底!
step2で書いたbuffの細かい使い方について説明します。詩人に限りませんが、どのジョブでもbuffというのは重ねがけが基本です。
例えばDPS1000(毎秒1000ダメージ出す)詩人プレイヤーがいたとして、そのプレイヤーが今「ホークアイ」と「捨て身」を起動できる状態とします。
ホークアイのDEX15%上昇は実質的ダメージを15%引き上げるものとして計算してみます。
【CASE1】:
60秒間の戦闘時間の中で、最初の0秒~20秒の間にホークアイ、20秒~40秒の間に捨て身それぞれバラバラに使った場合
【CASE2】:
60秒間の戦闘時間の中で、最初の20秒にホークアイと捨て身を重ねて使った場合
これらのダメージを実際に計算して比較してみましょう。以下の図を見てください


Synergy.png
ごらんの通り合計で300ダメージの差がつきました。1分の中ではDPSに5の差がついた計算です。これはホークアイによって上昇したDEXの分も捨て身によって威力が上昇したため、相互シナジーによって更に火力が上昇した結果です。
つまりbuffは効果時間を重ね合わせるほど効果的になるという事です。
しかしそのためにリキャストタイムが戻ってくるのをいつまで待つわけにはいきません。例えば猛者の撃はリキャストタイムが120秒で、発勁は効果時間が60秒ですが、先にリキャストが回復した発勁を猛者の撃がリキャスト回復するまで更に60秒待っていたら、本来発勁が2回使えた所が1回しか使わないままになってしまいます。当然これはロスになります。
buffの重ねがけがDPSを引き上げる事と、buffのリキャストが回復しているのに重ねがけのために使わず残す事でDPSを下げてしまう事は、1つのテーマに対する二律背反な発想ですが、これらのバランスを取った考え方が僕が「30秒ルール」と呼んでいるものです。
詩人のbuffアビリティは4つです。「猛者の撃(120秒)」「ホークアイ(90秒)」「捨て身(80秒)」「発勁(60秒)」
このうち捨て身だけがリキャストタイムが30の倍数になっていませんが、最も効率的にbuffを回すためにこの捨て身をあえてリキャストタイム90秒として考えるのが「30秒ルール」の発想です。
まず開幕に全てのbuffを重ねがけします。これは重ねがけする事でDPSが高まるというシンプルな原理に忠実です。
次に60秒経過の時点で2回目の発勁が戻るので使います。
80秒の段階では捨て身が回復しますがここでは捨て身は使いません。「30秒ルール」においては30の倍数の時間でしかバフを起動しない事で計算上火力がもっとも高くなる理論を実行していく必要があります。
90秒経過でホークアイがリキャスト回復します。ここで初めて捨て身とホークアイを重ねがけします。要するに、先ほど上の図で示した「ホークアイと捨て身の重ねがけによって得られる加算ダメージ分」と「捨て身を90秒目に起動する(リキャストを毎回10秒腐らせる)ことによる減算ダメージ分」を比較すると、前者の方が大きくなるという事です。
そのルールに基づいて、ホークアイと捨て身は常にセットで起動する事がこのルールでは重要になります。
次に120秒が経過すると2回目も猛者の撃と3回目の発勁が戻ってきます。この2つもここで重ねがけします。
次の150秒ではどのbuffも戻ってこないので何もできません。
170秒目では先行して捨て身がリキャスト回復しますが、上記説明の通りここでは使用しません。
その次の180秒でホークアイ・捨て身・発勁がリキャスト回復するので、この3つを重ねがけする事で更にバフの効果が発揮される...
というこうした使い方が「30秒ルール」の基本的な考え方です。やっている事はシンプルなので捨て身の使い方に注意して30の倍数時間にbuffを重ねがけしていく考え方を定着させましょう。



Step4 buffを起動するタイミングを考える!
この項は上級編にするかどうか迷ったところですが、是非全ての詩人の方に覚えてもらいたいのであえて中級編としました。buffの使いどころをあえて遅らせて最大の効果を得るという上の説明から+α考え方です。
わかりやすく下に詩人の一般的なWSのルーティンを書きました。
buff.png

単純にアイアンジョーでDOTを維持しつつストレートショットも撃ち、それ以外の時間ではヘヴィショットを使っています。
ここで説明するのは、同じbuffを使う場合でも、火力の高い時間帯に使うか低い時間帯に使うかを考えて使うべきだという点です。
火力の高い時間帯とは単に乱れ撃ちやサイドワインダーがある事だけを意味するのではなく(勿論それもありますが)、普通の詩人のスキル回しにもアイアンジョーなどを使用するタイミングで大きな火力の波がある事を理解してbuffを使うべきという事です。
図のCASE:AとCASE:Bで説明します。
アイアンジョーの能力とは実際には「威力45のDOTを18秒+威力35のDOTを18秒+初手威力100=580」という極端に威力の高い一撃です。
DOT効果はそのDOTをかけた瞬間にかかっていたbuffの補正がDOT終了まで持続するので、アイアンジョーをかけた瞬間に猛者がかかっていればそのDOTは終了時まで20%ダメージが上がります。猛者本体が途中で終了しても関係なくDOTダメージだけは2割増しで敵を削り続けます。
したがってこの威力580→140→150→150... という17秒前後のアイアンジョーの7手周期の間に効果時間が20秒の猛者を使う場合CASE:Bのようにアイアンジョーが発動する直前に猛者を起動し、次のアイアンジョーを再度更新するタイミングまではギリギリでも猛者の効果時間が続いているという形にする事でbuffの効果は最大限発揮されます。
実際に計算すると何も考えず使っているCASE:Aでは合計1770の威力を2割上昇させているので威力354分の効果を発揮していますが、CASE:Bでは合計2140の威力を2割上昇させているので威力428分の効果が発揮されています。これだけでも威力で74の差になるのでこの点は意識しておく必要があります。
スポンサーサイト

【2016/04/10 19:32】 | 詩人講座(patch3.2)
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。