FF14(詩人中心)に投下中
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本内容は2016/04/16に行った詩人講習の内容を元に書かれています。
私ELの主観に基づく考察なのでその点ご了承の上でお読みください!
「レイド3層」は侵攻以降は地力を試される力戦コンテンツが定番です。律動編も同様です。
しかも律動編零式3層はレンジジョブの火力依存度が他の層に比べて高くなります。何故ならこの層は火力が低下する隔離ギミックをレンジが担当しないからです。
普段以上に高い火力を発揮できる環境を自覚して、1手でも多く叩き1秒でもロスをなくす。それを実現するために小さなテクニックと予測をたくさん重ねていく必要があります。
今回は1層2層以上に踏み込んだテクニックの部分を解説しその有用性の説明と実現アプローチについて講義を進めていきます。



【開幕~部屋1回目】
序盤のキーワードは強いて挙げれば「滑り撃ちを極めろ!」でしょう。開始数秒からそのテーマに対する高度な要求がきます。
いわゆる「オシオキ」と呼ばれるランタゲ広範囲の複数型AOEが開幕に飛んできます。対象者は2名ですが誰が対象になるかは予測できません。
このオシオキ攻撃、AOE1回展開だけならまだ楽ですが2連続で展開されるため狙われた時はどうしても移動距離が大きくなります。
言い換えるとレンジとキャスター(詠唱ジョブ)は火力が下がる大きな要因となってしまうわけです。
キャスターに関しての対応策はここでは書かないので、レンジとしてどう動くかを軽く書いてみます。
まずたまに見る「開幕時、6時地点でヒーラーと重なって待機」は僕はオススメできません。
当たり前です。自分に来た範囲はヒーラーの移動を強いるし、何よりヒーラーに来た範囲を自分が避ける必要があります。
バフ依存率の高い吟遊詩人がフルバフ状態の開幕で移動によりキャストを崩されるのはDPS追究という発想からは下策です。ヒーラーも移動するのは嫌でしょうがさして敵の攻撃も厳しくない開幕時はヒーラーも攻撃に回っているので、ヒーラーのDPSとフルバフ詩人のDPSではロス分が比較になりません。極力ロスを被らないように、ヒーラー2名が南6時地点でオシオキ待機をしていたら、7時以降の位置から時計回りに避けられるように位置を取るか、5時以前の位置から反時計回りに避けられるように位置を取るかして、1発目のオシオキ展開の回避動作をできるだけ省力化しましょう。
戦闘開始時のスキル回しによる硬直度合いやタンクと自分のファーストタッチがどれだけシンクロできるかの時間的ズレにもよりますが、オシオキの1発目が展開されるタイミングあたりに丁度WSが終わり滑り撃ちで動く形にできれば、自分にAOEが来た場合でも移動による攻撃時間のロスは極力小さくできるし、ヒーラーにオシオキAOEが出た場合ならその滑り撃ち分だけで回避は十分余裕をもって行う事ができます。
また例えば僕のPTの例などを書くと、7時あたりに詩人、6時あたりにヒーラー2名、5時あたりに召喚という配置でオシオキを受けますがこの時ヒーラーにオシオキがくればそのAOEは基本的にはレンジ側に移動して回避するのが妥当になります。
(キャスターは滑り撃ちがしにくく移動による火力ロス率は詩人・機工士より高いので妥当な対応です)
そうなった場合、上記のように1回目のAOEは滑り撃ち分で十分に回避できますが、走って移動してきたヒーラーが自分の上に2撃目AOEを展開してしまうので、この状態でメヌエットによるキャスト攻撃はできません。攻撃するとどうやっても回避は間に合わないでしょう。
なので2撃目のAOEは最初からフェイントを差し込んで安定回避できるスキル回しにしておく事をオススメします。
3層に限った話ではありませんが開幕の20秒以内に沈黙を強いられたり移動を強いられたりする場合は、普段から使っている定番のスキル回しをそのまま持ち込むのは一流の詩人の選択とは言えません。
制約を受ける事を前提とした、その状況で理に適うスキル回しを別に用意するのが高い数字を出すために好ましい考え方です。
3層の場合は滑り撃ちからのフェイント移動という形がベターなので、これをおさえつつ自然なスキル回しを考えてみることをオススメします!
ここでは1つの例としてフェイント→乱れ撃ち→エンピリアルアローと回避していくやり方を紹介しておきます。
さて滑り撃ちは火力を維持しつつギミックを処理するためには3.0以降マストといえるテクニックなのは今更ですが、今度は逆に滑り撃ちに依存するのが危険な部分も説明します。
この後、流れでは
・ゴブ式波動砲
   ↓
・ゴブリスパーク
   ↓
・全員爆弾
とギミックが続きます。
殆んどのPTの場合詩人は外周4隅安置床まで移動する必要があるのではないでしょうか。ここで火力を求めて滑り撃ちを使う事については注意が必要です。
まず滑り撃ちで爆弾を外まで引こうとすると、かなり早い段階で棘床に乗り込む必要があります。
早さ具合で言えばゴブリスパーク確定直後には滑り撃ちかリベリングショットで棘床に乗るくらいの動きが必要です。爆弾は承知の通り自分の位置ではなく繋がれた鎖によって自分の移動した軌跡に追従するので、内側の円に残る味方に自分の爆弾を当てないだけ爆弾を外に引くには大きく外周の安置床に下がる必要があります。(言うまでもないと思いますが)
この長い移動アプローチを短い時間の間に全て滑り撃ちで成立させようとするのなら、上で書いたようなカツカツの移動が必要になりますが、これほど急いで移動すると場合によってはヒーラーの範囲回復を十分に受けられないリスクがあります。特に学者の士気は範囲が15mしかないので、キッチリヒーラーの回復をもらわずにあまり急いで外周に滑り撃ちで離れると、爆弾のダメージで最悪死んでしまう可能性があります。ゴブ式波動砲を受けてDOTが残っている場合ならばなおの事です。
したがって、このケースでは爆弾を引くのに滑り撃ち移動はあまり上策ではありません。ストレートショットのprocを活用できる場合などを除いては、基本的にメヌエットをしっかり切り敵の方向をフェイスターゲットで向いてオートアタックを維持しながら背走しつつ安置位置までしっかりと爆弾を引きましょう。
ただし爆弾を外に引くときに自分が攻撃できないほどにクイックシンクスまで離れるのは初心者のやる事です!
内側の味方には爆弾範囲が及ばない程度には外に引く必要がありますが、かつ自分の攻撃が届かない程離れないように位置・射程を調整しつつ動く。細かいですが当然大事な事なので意識しましょう!
爆弾の確定ダメージは高確率でキャストを崩すという妨害効果もあるので、その意味ではこの場面はメヌエットを切って移動するのが効果的です。爆弾が確定した後は速やかにメヌエットをonにし、ここからは気にせず棘床をちんたら踏みながら滑り撃ちで中央まで戻りましょう。素早く戻る必要性は特になく棘床もそれ単体のダメージ自体は大したことはないのでここは火力を優先して踏みながら戻ればokです。
このあと1回目の隔離部屋まではひたすら攻撃し続ける時間が続きます。ムダに爆弾に巻き込まれたりギミック処理担当の動きの邪魔にならない位置を注意しながらしっかりダメージを出しましょう。



【隔離部屋~1回目鉄球】
隔離部屋の1回目と2回目はシンプルに火力を出すだけなのでそれほど難しい事はありません。ただし他ジョブの観点からちょっとしたアドバイスを1つ。
まず白(戦士)+緑(ヒラ)隔離が出た時にちょっとした注意事項があります。それはクイックシンクスの飛び上がり時に静者の撃を起動すべしという点です。
何故か。この時シュツルムドールが1体popしますが詩人はジョブ特性上初撃を容易に入れられる事ができます。
また特に、トップヘイトを取るべきMTがヘイトを安定させるまでに時間がかかる可能性が考えられます。
シュツルムドール自体に攻撃力はたいしてないので体力的には問題はないのですが、別に発生する問題が3つ
・攻撃にキャスト中断効果があるためDPSが下がる可能性がある
・詩人がトップヘイトを取ると近接が敵の固定位置を予測しにくくフラフラする
・予期せずヘイトがMT→詩人と移った場合シュツルムドールが中央(クレーンキャッチ範囲)を通過して移動するとMTがクーゲルブリッツにスタンを入れられず全滅になる可能性があります。
特に危険なのは3番目です。
タンクは初撃にアンメorロブからヘイトを取る事が多くなりますが、詩人がWSに加えてエンピリアルやブラッドレッターをpop直後に入れてしまうと一度MTにいったトップヘイトを剥がしてしまう可能性が十分にあります。手捌き鮮やかに素早くストラッフドールを攻撃する事ができればできるほどヘイトもたくさん取れてしまうので、この時突然ど真ん中を横断して詩人にストラッフドールが向かって来たら、ヴィルベルヴィントのスタンをMTができずに最悪全滅につながる可能性もあります。
よって静者の撃は開幕ではなくこの場面に合わせましょう(開幕に使うとリキャストが戻らない)
開幕の静者は基本的にそんなに重要なものではありません(これは持論ですが)
何故なら竜騎士もほぼ同等の開幕火力を出せるからです。その程度のヘイトをタンクは絶対に稼ぐ必要があるのでわざわざ静者を開幕にする必要性はそんなにないと僕は考えています。
竜騎士は開幕のヘイトを抑える手段がありません(開幕コンボ中に突如イルシするMTド介護の竜騎士がいれば別ですがそんなPTは3層クリアできません!)。
仮に竜騎士がいなければ静者を使わない詩人はMTを最も脅かす開幕ヘイトになるかもしれませんが、竜騎士がいないPTに忍者もいないなんていう異常な事態はありえないので(モモ構成のPTも3層クリアする気があるとは思えない!)、忍者がいれば影渡しを受けたMTがヘイトを跳ねさせるようなら「パワスラor(ハルオ)少しは回せや!!」とMTに怒鳴っていいでしょう。そのMTからの苦情は僕が受け付けてもいいくらいです。
脱線しましたが、要するに開幕に使い道がないまま残しておいたような静者の撃なのでシュツルムドールには味方のために使いましょうというのがここでの主張です。
また部屋ギミックの途中途中で攻撃対象がなくなる事がありますが(PT火力次第ですが)、こういう時間にレクイエムの詠唱などをすると無駄なくMPが使えて効果的です。
(特に2回目の緑白の部屋が終わる時はMPも半分程度回復しているのでレクイエムのチャンスです)
部屋ギミックが終わると鉄球phaseに突入します。詩人にとって一番DPSを出すために難しい動きを強いられるのがこのphaseです。このphaseで重要の事はざっくり書けば3点だけです。
・真心が出たら集中的に殴れ
・クイックシンクスへのDOTを切らすな(アイアンジョーを繋げ)
・鉄球を回避するために攻撃を遅滞させるな
この3点。
高いDPSを出すためにという点から分析していきます。
まず鉄球phaseの主ギミックは真心の破壊です。詩人も当然この破壊に参加します。
真心はマップ上のどこでpopするかは予測
スポンサーサイト


追記を閉じる▲
「レイド3層」は侵攻以降は地力を試される力戦コンテンツが定番です。律動編も同様です。
しかも律動編零式3層はレンジジョブの火力依存度が他の層に比べて高くなります。何故ならこの層は火力が低下する隔離ギミックをレンジが担当しないからです。
普段以上に高い火力を発揮できる環境を自覚して、1手でも多く叩き1秒でもロスをなくす。それを実現するために小さなテクニックと予測をたくさん重ねていく必要があります。
今回は1層2層以上に踏み込んだテクニックの部分を解説しその有用性の説明と実現アプローチについて講義を進めていきます。



【開幕~部屋1回目】
序盤のキーワードは強いて挙げれば「滑り撃ちを極めろ!」でしょう。開始数秒からそのテーマに対する高度な要求がきます。
いわゆる「オシオキ」と呼ばれるランタゲ広範囲の複数型AOEが開幕に飛んできます。対象者は2名ですが誰が対象になるかは予測できません。
このオシオキ攻撃、AOE1回展開だけならまだ楽ですが2連続で展開されるため狙われた時はどうしても移動距離が大きくなります。
言い換えるとレンジとキャスター(詠唱ジョブ)は火力が下がる大きな要因となってしまうわけです。
キャスターに関しての対応策はここでは書かないので、レンジとしてどう動くかを軽く書いてみます。
まずたまに見る「開幕時、6時地点でヒーラーと重なって待機」は僕はオススメできません。
当たり前です。自分に来た範囲はヒーラーの移動を強いるし、何よりヒーラーに来た範囲を自分が避ける必要があります。
バフ依存率の高い吟遊詩人がフルバフ状態の開幕で移動によりキャストを崩されるのはDPS追究という発想からは下策です。ヒーラーも移動するのは嫌でしょうがさして敵の攻撃も厳しくない開幕時はヒーラーも攻撃に回っているので、ヒーラーのDPSとフルバフ詩人のDPSではロス分が比較になりません。極力ロスを被らないように、ヒーラー2名が南6時地点でオシオキ待機をしていたら、7時以降の位置から時計回りに避けられるように位置を取るか、5時以前の位置から反時計回りに避けられるように位置を取るかして、1発目のオシオキ展開の回避動作をできるだけ省力化しましょう。
戦闘開始時のスキル回しによる硬直度合いやタンクと自分のファーストタッチがどれだけシンクロできるかの時間的ズレにもよりますが、オシオキの1発目が展開されるタイミングあたりに丁度WSが終わり滑り撃ちで動く形にできれば、自分にAOEが来た場合でも移動による攻撃時間のロスは極力小さくできるし、ヒーラーにオシオキAOEが出た場合ならその滑り撃ち分だけで回避は十分余裕をもって行う事ができます。
また例えば僕のPTの例などを書くと、7時あたりに詩人、6時あたりにヒーラー2名、5時あたりに召喚という配置でオシオキを受けますがこの時ヒーラーにオシオキがくればそのAOEは基本的にはレンジ側に移動して回避するのが妥当になります。
(キャスターは滑り撃ちがしにくく移動による火力ロス率は詩人・機工士より高いので妥当な対応です)
そうなった場合、上記のように1回目のAOEは滑り撃ち分で十分に回避できますが、走って移動してきたヒーラーが自分の上に2撃目AOEを展開してしまうので、この状態でメヌエットによるキャスト攻撃はできません。攻撃するとどうやっても回避は間に合わないでしょう。
なので2撃目のAOEは最初からフェイントを差し込んで安定回避できるスキル回しにしておく事をオススメします。
3層に限った話ではありませんが開幕の20秒以内に沈黙を強いられたり移動を強いられたりする場合は、普段から使っている定番のスキル回しをそのまま持ち込むのは一流の詩人の選択とは言えません。
制約を受ける事を前提とした、その状況で理に適うスキル回しを別に用意するのが高い数字を出すために好ましい考え方です。
3層の場合は滑り撃ちからのフェイント移動という形がベターなので、これをおさえつつ自然なスキル回しを考えてみることをオススメします!
ここでは1つの例としてフェイント→乱れ撃ち→エンピリアルアローと回避していくやり方を紹介しておきます。
さて滑り撃ちは火力を維持しつつギミックを処理するためには3.0以降マストといえるテクニックなのは今更ですが、今度は逆に滑り撃ちに依存するのが危険な部分も説明します。
この後、流れでは
・ゴブ式波動砲
   ↓
・ゴブリスパーク
   ↓
・全員爆弾
とギミックが続きます。
殆んどのPTの場合詩人は外周4隅安置床まで移動する必要があるのではないでしょうか。ここで火力を求めて滑り撃ちを使う事については注意が必要です。
まず滑り撃ちで爆弾を外まで引こうとすると、かなり早い段階で棘床に乗り込む必要があります。
早さ具合で言えばゴブリスパーク確定直後には滑り撃ちかリベリングショットで棘床に乗るくらいの動きが必要です。爆弾は承知の通り自分の位置ではなく繋がれた鎖によって自分の移動した軌跡に追従するので、内側の円に残る味方に自分の爆弾を当てないだけ爆弾を外に引くには大きく外周の安置床に下がる必要があります。(言うまでもないと思いますが)
この長い移動アプローチを短い時間の間に全て滑り撃ちで成立させようとするのなら、上で書いたようなカツカツの移動が必要になりますが、これほど急いで移動すると場合によってはヒーラーの範囲回復を十分に受けられないリスクがあります。特に学者の士気は範囲が15mしかないので、キッチリヒーラーの回復をもらわずにあまり急いで外周に滑り撃ちで離れると、爆弾のダメージで最悪死んでしまう可能性があります。ゴブ式波動砲を受けてDOTが残っている場合ならばなおの事です。
したがって、このケースでは爆弾を引くのに滑り撃ち移動はあまり上策ではありません。ストレートショットのprocを活用できる場合などを除いては、基本的にメヌエットをしっかり切り敵の方向をフェイスターゲットで向いてオートアタックを維持しながら背走しつつ安置位置までしっかりと爆弾を引きましょう。
ただし爆弾を外に引くときに自分が攻撃できないほどにクイックシンクスまで離れるのは初心者のやる事です!
内側の味方には爆弾範囲が及ばない程度には外に引く必要がありますが、かつ自分の攻撃が届かない程離れないように位置・射程を調整しつつ動く。細かいですが当然大事な事なので意識しましょう!
爆弾の確定ダメージは高確率でキャストを崩すという妨害効果もあるので、その意味ではこの場面はメヌエットを切って移動するのが効果的です。爆弾が確定した後は速やかにメヌエットをonにし、ここからは気にせず棘床をちんたら踏みながら滑り撃ちで中央まで戻りましょう。素早く戻る必要性は特になく棘床もそれ単体のダメージ自体は大したことはないのでここは火力を優先して踏みながら戻ればokです。
このあと1回目の隔離部屋まではひたすら攻撃し続ける時間が続きます。ムダに爆弾に巻き込まれたりギミック処理担当の動きの邪魔にならない位置を注意しながらしっかりダメージを出しましょう。



【隔離部屋~1回目鉄球】
隔離部屋の1回目と2回目はシンプルに火力を出すだけなのでそれほど難しい事はありません。ただし他ジョブの観点からちょっとしたアドバイスを1つ。
まず白(戦士)+緑(ヒラ)隔離が出た時にちょっとした注意事項があります。それはクイックシンクスの飛び上がり時に静者の撃を起動すべしという点です。
何故か。この時シュツルムドールが1体popしますが詩人はジョブ特性上初撃を容易に入れられる事ができます。
また特に、トップヘイトを取るべきMTがヘイトを安定させるまでに時間がかかる可能性が考えられます。
シュツルムドール自体に攻撃力はたいしてないので体力的には問題はないのですが、別に発生する問題が3つ
・攻撃にキャスト中断効果があるためDPSが下がる可能性がある
・詩人がトップヘイトを取ると近接が敵の固定位置を予測しにくくフラフラする
・予期せずヘイトがMT→詩人と移った場合シュツルムドールが中央(クレーンキャッチ範囲)を通過して移動するとMTがクーゲルブリッツにスタンを入れられず全滅になる可能性があります。
特に危険なのは3番目です。
タンクは初撃にアンメorロブからヘイトを取る事が多くなりますが、詩人がWSに加えてエンピリアルやブラッドレッターをpop直後に入れてしまうと一度MTにいったトップヘイトを剥がしてしまう可能性が十分にあります。手捌き鮮やかに素早くストラッフドールを攻撃する事ができればできるほどヘイトもたくさん取れてしまうので、この時突然ど真ん中を横断して詩人にストラッフドールが向かって来たら、ヴィルベルヴィントのスタンをMTができずに最悪全滅につながる可能性もあります。
よって静者の撃は開幕ではなくこの場面に合わせましょう(開幕に使うとリキャストが戻らない)
開幕の静者は基本的にそんなに重要なものではありません(これは持論ですが)
何故なら竜騎士もほぼ同等の開幕火力を出せるからです。その程度のヘイトをタンクは絶対に稼ぐ必要があるのでわざわざ静者を開幕にする必要性はそんなにないと僕は考えています。
竜騎士は開幕のヘイトを抑える手段がありません(開幕コンボ中に突如イルシするMTド介護の竜騎士がいれば別ですがそんなPTは3層クリアできません!)。
仮に竜騎士がいなければ静者を使わない詩人はMTを最も脅かす開幕ヘイトになるかもしれませんが、竜騎士がいないPTに忍者もいないなんていう異常な事態はありえないので(モモ構成のPTも3層クリアする気があるとは思えない!)、忍者がいれば影渡しを受けたMTがヘイトを跳ねさせるようなら「パワスラor(ハルオ)少しは回せや!!」とMTに怒鳴っていいでしょう。そのMTからの苦情は僕が受け付けてもいいくらいです。
脱線しましたが、要するに開幕に使い道がないまま残しておいたような静者の撃なのでシュツルムドールには味方のために使いましょうというのがここでの主張です。
また部屋ギミックの途中途中で攻撃対象がなくなる事がありますが(PT火力次第ですが)、こういう時間にレクイエムの詠唱などをすると無駄なくMPが使えて効果的です。
(特に2回目の緑白の部屋が終わる時はMPも半分程度回復しているのでレクイエムのチャンスです)
部屋ギミックが終わると鉄球phaseに突入します。詩人にとって一番DPSを出すために難しい動きを強いられるのがこのphaseです。このphaseで重要の事はざっくり書けば3点だけです。
・真心が出たら集中的に殴れ
・クイックシンクスへのDOTを切らすな(アイアンジョーを繋げ)
・鉄球を回避するために攻撃を遅滞させるな
この3点。
高いDPSを出すためにという点から分析していきます。
まず鉄球phaseの主ギミックは真心の破壊です。詩人も当然この破壊に参加します。
真心はマップ上のどこでpopするかは予測
スポンサーサイト

【2016/06/01 21:43】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。